今年もまた「108回太陽礼拝」「呼吸と瞑想」のイベント


(去年の記事より)

108の煩悩を太陽礼拝で取り除く・・・といういつの間にか日本に広がっていたこの年末の風物詩。


煩悩とはそもそも仏教用語で「私たちを惑わせ悩ませ苦しませる心の作用」のことです。

私が好きなお坊様がしばしばお話さえる時に出てくる、三毒と呼ばれる貪(どん)・瞋(じん)・痴(ち)。

貧は我欲や利欲を求めてやまないこと。

瞋は利己の我侭や憎しみや恨みの怒りのこと。

痴は無知のこと。宇宙の法則を知らず、私、私となってしまうこと。

無知から愚痴が出てくることも含まれます。